知っていると、知らないとでは、天と地ほど違う技術的知識と感じる内容をハケーン(゚ー゚☆キラッ
バスケットボールの基本のカット10種類(参照 GSL HP)
ちなみに…Shinは育成時代に、カットという単語は全く教えてもらった事は無いよ、パトラッシュ(ノω・、) ウゥ…<名犬の名前

でもね、Shinは現役時代は4番だったので…
バックドア(カット)→フラッシュ(カット)、ステップミート(Vカット)→フロントドライブ(フロントカット)。
この二つの動きは練習の中から、1軍の動きを見て覚えました(゚ー゚☆キラッ

よく、基礎練として反復練習をした、4メンのスクエアパスとか、3メンのトライアングルパス。
オールコートで、バックコートのオフェンスリバウンド→3メンでセンターとウイングをドリブル無し、ポジションチェンジとパスだけでフロントコートまで運び、シュートフィニッシュ。

この、至極当たり前の動きに、ちゃんと、カットの動きも網羅されていたんだなと、今、改めて気が付きました( ̄− ̄)フーン.

ふと、バスケ経験者でありながら、ミニバスで飛び交う単語をほとんど理解できない自分が居ました。
でも、いつだったか、爽やかなソフトバレー好きのバスケットマンパパさんとの会話を思い出すと…

Shin 「最近のユーロ(ステップ)って歩いてません?」
パパさん 「あ、あのジノビリじゃ無いヤツですか? ハーデンとか、見た目の印象では歩いてますよね。」
Shin 「でしょ? でも、ゼロステップとかでリーガルなんですよね。」

パパさん 「ギュッ(ボールの保持)の前に、チョコン(ドリブルの終わり)とペタッ(足が床に着いた瞬間)とが同時になるってことですよね。バンバン(強いドリブル)ありきですよね。ゼロ、イチ、ニッってね。」
(注…上記のセリフの擬音を全て動作で行うパパさん。)

Shin 「まぁ、口で言うのは簡単なんですけどね、実際。」
パパさん 「あ、でも、そのうち、身体が思い出しますよ。基礎って、絶対忘れませんから。」
Shin 「そーですかね。」
パパさん 「それよりも、今度ソフトバレーしましょう!」
Shin (それはちゃうねん。)

今、まさに、いろいろな単語と動作の点と点が線で結ばれ始めましたd(*゚∀゚*)チゴィネ!!

「それって、そういう事だったんだ!」YDK!(*゚▽゚*).
「あ、あれがカットの動きだったんだ!」YDK!(*゚▽゚*).,too.

なんか、試合に出れるって、本当にすごいことだなと思うよ、ジョリー(゚ー゚☆キラッ<名犬の名前。

でもね、30年の時を超えて…
今、その基礎動作ができるかどうか…

それが一番問題なんだよ…( ・ω<)ゞてへぺろ

とある夜の事。

普段なら、もう子供の就寝時間。それを過ぎても、家族でバスケットの話が止まらない程盛り上がりました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ…

子供達の今と近未来、そして、未来を描いて話をしているうちに…
自然と子供達から疑問の声が上がりました。

「パパとママもバスケしてたんだよね?」

いきなり、過去に直球ストレートだよ、パトラッシュΣΣ(゚д´;;ノ)ノゴフッ…<名犬の名前。
思い出という無形文化遺産では物足りないらしい…(゚ー゚☆キラッ

そこで、ShinとTeruteruさん共に、中学時代の卒業アルバムを持ち出しました
…( ・ω<)ゞてへぺろ

Tetuteruさんのアルバムに収められた、各種試合の表彰状、試合中に新聞社のカメラマンが撮影したと言う、華々しい写真の数々…すげぇなぁ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

Shinの卒アルには…
バスケ部の集合写真の一番端っこ…しかも、ユニフォームなんかもらって無いから、体操服姿のままで写っている写真一枚のみ…彡彡彡(TдT)彡彡彡ヒュルルル...

まぁ、Shinの過去談よりも、Teruteruさんの百聞は一見にしかずパワーのおかげで、子供達も夢中の様子…・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )マ、コレガゲンジツダゾ、ゴルァ…

いつの日か。
子供達が、自分達の未来で自分達の過去を振り返る時…

その時の為に、しっかり親バカカメラマンに徹することにするよ、ラッシー☆ (ゝω・)ゞ
テヘペロ<名犬の名前

さて、年始早々、Myがお世話になっているミニバス女子チームのパパ会へ参加させてもらいました(*゜∀゜)モッフー

正直、仕事以外でプライベートで大人数の飲み会なんか、めちゃくちゃ久しぶりです
...φ(-ω-。`) ポッ
っていうか、普段からビール350ml一缶を週2、3本しか飲まないんで、飲めるかどうか…すら不透明…(-ω-;)ウーン

それに、Myはまだ年長さんで、正直、新チームとなった女子チームに何も貢献できないし、Shin自身もどこの馬の骨かわからんタダのバスケ好きオッサンなので、そもそも…会話できるかどうかすらわからん状態だったんだよ、パトラッシュ(´・ω・`)しょぼん.<名犬の名前

ホンマ、参加してもいいだろうか???
でもね、スッゲー迷ったから、とりあえず参加する事にしました。
Shinの持論、迷ったら行く!! これしかトリエがナッシングだしね(゚Д゚)何クァ?/

というわけで、無礼を顧みず参加させてもらった結果…
スッゲー楽しかったッス(⌒^⌒)ゞ(⌒^⌒)ゞ(⌒^⌒)ゞ

とにかく、普通にバスケ好きと子供好きが集まって、酒飲みながらワイワイガヤガヤ。
みなさん、来年高学年になる子のパパさんが多かったので、逆に、我がチームの歴史とか、武勇伝とか、いろいろ教えてくれました(*・∀・)=b GJ

今年6年生で、3月にはチームを卒業する子のパパさんの熱いメッセージをしっかと受け取りました(*゜∀゜)=3ハフンハフン
新チームの主力選手のパパさん達と、近未来について熱く語り合いましたd(*゚∀゚*)

コーチの口から途切れることなく発せられる、今年のチームのカラーと、戦略。
純粋にバスケと子供好きな会話を肴に、なんか、飲み放題だったので、気が付いたら、自分も相当飲んでいたと思われます…( ・ω<)ゞてへぺろ

逆に会話が途切れると、Shinから率先して、ウインターカップとか、皇后杯とか、天皇杯とか、審判の話とか…ドンドン、現在旬なバスケネタを投下しては皆さんから美味しい話をガッツリ聞かせてもらいました…( ・ω<)ゞてへぺろ

ミニバスを通して語り合った、はるか昔から、過去、現在、未来…
Shinは幸せな事に、ShowとMyと一緒に、これからチームと共に未来を刻んで行くことができます(゚ー゚☆キラッ

平成30年。
新年早々、素敵な時間を共有させてくださった皆さんに心から感謝しますm(_ _)m
今年も、もっともっと、ミニバスとバスケとチームと子供達と審判が大好きになれるように!

子供の今年の目標はもう与えているので…
Shin自身の目標として…
今年はJBA公認E-1級コーチライセンス取得と、年末の親子バスケで二桁点を取ることを目標に頑張りたいと思いますYDK!(*゚▽゚*).

最後に、昨年はタップリ怪我をしたので、今年は怪我を減らす様にボチボチ頑張ります
(*゚∀゚)ゞデシ!!
もちろん、迷ったら後先考えずに行きますデス…。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

前回、ブログった人生最大のサプライズ(@バスケ)の件なんだけどね。
まさか、Shin自身が現役引退後、はるか30年後に、人生初のスタメンゲームで初得点を挙げるなんて夢にも思わなかったんだよ...φ(-ω-。`) ポッ…パトラッシュ<名犬の名前

でもね、サプライズはそれだけじゃなかったんだよ…
。゚(*゚´Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д`゚*)ノ゚。。゚ヽ(*゚´Д`゚)ノ゚。

午後からは、現役中学生と高校生のOGが参加してくれて、小学生やOGの親御さんと一緒にゲームが続いたんですが…
H2コーチが「Shinさん、吹きますか?」と尋ねてくれたので、「午前中でパンパンで攣る寸前の足に昼休みにトイレで隠れてエアーサロンパスを吹きまくってメロメロなので午後は無理です。」と素直に言えばいいものを、強がって「今日はバスケ小僧に徹します。」と、答えると…
H2コーチがニッコリ笑って「じゃ、次入りましょう!」と猫招き…
*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェ!

うわちゃぁ…ガチで5分間か…(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ;…
ヤバヒ…年老いた肉体とは裏腹に…バスケ馬鹿の血が沸騰している…
ε=ヘ(゚∀。)ノ。ε=ヘ(゚∀。)ノ。ε=ヘ(゚∀。)ノ。マジキテルッポイ…

(*゚д゚*)ハッ!! (・д・ノ)ノビクッ
その時、ふと、よくボールが見えて無い事に気が付き…(。´・ω・)ん?
ヤベェッ! 眼鏡かけてなかった!!…(゚Д゚;)マジカ?

でもって、慌ててバスケの為に新調した眼鏡をかけパーカーを脱ぐ…
丁度、前のゲームが終わり、両方のゴールが10フィートに上昇していく…
(*゜∀゜)=3ハフンハフン
バスケットコートに足を踏み入れるのに…こんなにワクワクドキドキするのはマジ初めてだよ、ジョリー(゚ー゚☆キラッ<名犬の名前

センターサークルを挟んで、相手は現役中学生3人と、高校生2人。
こちらは、H1,H2両コーチと、OG高校生のパパ二人(物語の都合上、AさんとBさん。)。その真ん中に、Shinがポツン…
っていうか、H2コーチ以外はマジデッケ━━ヾ(*゚Д゚*)ノ゙━ ━ェェ

でも、不思議と緊張しなかった…
むしろ、試合に出れるのが嬉し過ぎてあの時の様に…口元が緩まない様に必死だったよ…

あの時…

はるか30年くらい昔…
Shinがそれまでのバスケット人生で唯一試合に出た5分間…
あの時の熱い思い出が溢れ返って来る…

僕ら6軍チームは…
1番がヒーロー、2番がキョセン、3番がカゲスター、4番がシン(現Shin。中学時代はあえて、カタカナ表記)、そして、5番がミッキー。
今一緒に整列してるのはあの時のかけがえのない仲間だ…


ただ、現状はどうみても、一番背の低いShinが1番だと思う。
ま、どーでもいいか。そして、審判のホイッスルが鳴り、礼をして、挨拶を終える。

っていうか、バスケの神様は粋な演出をしてくれたよ。
僕らの試合開始はあの時と同じジャンプボールから(*≧∀≦)=b GodJob

背の高いBさんがセンターサークルに立つ。
シン 『っしゃ!跳べ、ミッキー!!』(心の叫びね。)
あの時と同じかどうかは覚えて無いけど、BさんのタップしたボールがH2コーチの手に。
H2コーチがドリブルを始めるのを確認して、すぐにセンターへ上がり、パスをもらうと1番の位置へ。
マンツーの相手はOG高校生。左サイドにH1コーチとBさんというツインタワー。
すぐさま、ボールを入れて逆サイドへ切れる。
ハイ&ローポスト付近で邪魔にならない様に、外からシュートチャンスを伺う感じ。

そんな感じで、オフェンスはボール運びに徹し、ビックマンにゴールを投げ込む。そして、邪魔にならない様に、ウイングエンドに切れる。
ディフェンスは、逆にボール運びをする高校生OGについて、ぺネトレイトだけを注意する。正直、ロングシュートは落ちたら、ビッグマンがリバウンドを取ってくれるはずだから、縦は気にせず横に集中。

そんなこんなで、シュートを打つことなく時間が過ぎ去り、ふとクロックを見ると、残り時間が59秒。
残り1分を切ったのが目に入った瞬間…

あれ? 何でデジタル(タイマー)表示なんだっけ? スコア表のアナログ札をめくるんじゃなかったっけ???
なんか、昔どこかでみたシーンが脳裏にはっきりと映し出されました。


Bさんがリバウンドを取って、パスを受けると、ディフェンスを挟んでセンター付近で待っているAさんにパスを送る…

そこで、いきなり声が聞こえた!

ヒーロー 『速攻じゃぁぁぁっ!!!』
ミッキー 『走れ!! カゲスター!! キョセン!! シン!!!』
キョセン 『もぉ走っとるわ!!』
カゲスター 『遅ぇぞ!! シンッ!!!』

シン 『マジかよ! クソッタレ!!』


ただのデジャブだったのかもしれません。
もしかしたら、あの時のシーンだったかもしれません。

この瞬間…

明らかに、今、この瞬間…
自分が、中学時代のただのバスケ小僧だった自分がいました…

何度も何度も嫌になるほど毎日繰り返したファイブメンの動き。
右のウイングエンドへミッキーが走り込むと、左サイドにカゲスターとキョセン。
僕にパスを出すとすかさず右ウイングへ切れるヒーロー。
次の瞬間、ハイポにミッキーが上がって来る!!
ミッキー 『ボールよこせ!!』
シン 『やらいでか!!』
ミッキーにボールを落とすとキョセンとシザースに上がってくるカゲスターを壁に使ってディフェンスをスクリーンに当てて方向転換して右サイドへ!!
ミッキー 『シンッ!!』
シン 『おっしゃぁっ!!』

ミッキーからトスされたボールを受け取る!
振り向きざまに十八番(おはこ※もちろん、現役時代限定)のクイックショット!!

シン 『打てぇぇぇぇぇぇぇt!!!』

シュート体制、が、右方向の視野に誰かがゴール方向へ動くのが見えたので、反射的にノールックパス!!

シン 『あ、違う!』…


H2コーチ 「お?!」
Shin 「え、お?」(゚д゚)ハァ?

ボクッ!! (すっげぇ、変な音と同時に返って来たボールを受け取る。)

Shin (痛っ?! 何?!)ΣΣ(゚д´;;ノ)ノ
H2コーチ 「シュートッ!!」
Shin 「は、はい!」

振り向きざまに十八番(おはこ※だった、もちろん過去形)のクイックショット…

ズキッ!!

Shin (うわ、マジで右手の小指が痛ぇっ?!)

ガンッ!!

Shin (しかも、入らんし!!)

良く判らなかったですが、夢の続きはシュートを打って外しました!!(゚Д゚)何クァ?/
バスケの神様、マジ厳しいッスケド…ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

やがて、試合終了のブザーが鳴り響くと…
ようやく、現実に引き戻された瞬間、右手の小指をガッツリ突き指していた事に気が付きました…
(ノω・、) ウゥ…っていうか、親指より太く腫れてるし…
さっきのめっちゃ変な音はコレだったのか…ヤッチマッタヨ(ノ_< ;) ソウカヨシヨシ( ̄_ ̄|||)

っていうか、サプライズを通り越して、リアルで衝撃強すぎだよ、ジョリー
・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )<名犬の名前



はい。(閑話休題)


リアルゲーム出場の結果。。。

夢から覚めた現実のShinの記録は…得点×0、シュート×1、アシスト×0、何も成果無し…突き指×1…以上!!

うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
バスケの神様はきっと、もっともっと死ぬ気で頑張れって笑ってくれた気がしたよ…ちゃんちゃん

本日、今年一番のサプライズがありました(゚ー゚☆キラッ
いや、正直な話、人生最大のサプライズ(@バスケ)と言っても過言ではないんだよ
...φ(-ω-。`) ポッ…パトラッシュ<名犬の名前

ShowとMyのお世話になっているミニバスチームで、女子の方でOG会に参加させてもらいました。
Teruteruさんも親子バスケに参加したい!ということで、家族全員で一緒に
(("○ヘ( ̄^ ̄ )o ドリブル

午前中は現役メンバーの親御さんが揃って、子供達と一緒に同じメニューの基礎練習からスタート。これが、いざやってみると、意外に身体が動かないので、皆さん大苦戦
…( ・ω<)ゞてへぺろ
さらに、結構ハードで、親子バスケの試合の前に電池切れになりそう( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

でもって、午前中3時間のうち、1時間半をかけて、基礎練習を終え、試合の前にドリブルシュート。
っていうか、現役メンバーのパパさんママさん、なんか、やる気満々。ウエアとバッシュを履いた総勢約15名が、配られたビブスをもらって準備万全(*゜∀゜)モッフー

現役メンバーは5名+ちびっ子1名の6名チーム×3。それぞれビブスに合せて紫チーム・白チーム・橙チーム。
そのチームの親御さんが5名、5分間のミニゲームへ出場(゚ー゚☆キラッ
Myは紫チームなので、いきなり一試合目からTeruteruさんが出場。
Shin的には笛を吹くつもりで参加してたので、まずは、現役時代シックスマンだったTeruteruさんのハッスルプレーを応援。

これが、意外に見ていると燃えるわけで、我が子に負けまいと奮闘する親御さんに、ガチで挑んでくる子供達。さらに、大人はリングが10ftなので、結構、高さに苦戦して、スコア的には手に汗握る大接戦だったり。マジ、応援する方に力入りまくりなんだよ、パトラッシュ
d(*゚∀゚*)<名犬の名前。

一試合目を終え、橙チームの子がShinに「次出るんでしょ?」と尋ねてくる。
そのつもりにしてなかったので、一応、周りの親御さんに出ていいのか聞くと「もちろん!」と言われ、急きょ出場することに…(゚Д゚;)マジカ?

正直、まさか、この年で、30年のブランクを経て、試合に出れるとは思ってもみませんでした。

でも、良く考えたら、この年で、スタートファイブとしてゲームに出るのは生まれて初めて。
まぁ、なんとかなるかって、ノリでいると、何故かジャンパー指名…(゚Д゚;)マジカ?
センターサークルでトスアップを受けて、子供にタップさせて、とりあえず、ディフェンスへ。
親子でナンバーコールをしてる様なので、Shinはコールされなかった子をマンツー。

橙チームは、新チームのベストファイブが二人と、2Qメンバーが二人と意外に手強いチーム。逆に親御さんは、Shinも含めて5人全員経験者。
子供チームがシュートを外すと、リバウンドを親が取るんだけど、これが、背の高さを活かした結構、手加減レスで(*´∀`)b!

っしゃ!まずはファーストトランジッション!(・_☆) キュピーン!!
一気に得意の右サイドへダッシュ!! で、手加減無しのロングパスがゴール下へ
…(゚Д゚;)マジカ?
慌ててセンターに切り返すも、これを見事にファンブル。
゚(*゚´Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д`゚*)ノ゚。。゚ヽ(*゚´Д`゚)ノ゚。
そして、審判の笛。目が合うと、ダブルドリブルのヴァイオレーションコール…
・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )

それ以後は、バスケのゲーム中の現実的な動きを知らないけど、なんとなく、左2番が定位置になってしまう。
っていうか、だいたい、普通の人は右サイドが得意なんだよ、ラッシー(゚Д゚ )<名犬の名前。
なので、トランジッションから速攻する時も左サイドを上がる感じ。

最初は皆さん、電池満タンで、動きも良く、さらに、大人が三名ほど制限区域ライン付近に陣取ると、どうしてもゾーンっぽくなって、子供達がドライブしても必然的に両ウイングへ回り込むケースがふえてくる。そうなると、どうしても子供が得意な右ウイングへ開いてしまうんで、重点的にフォローしていると、新チームのベストファイブが二人(5年生がRabiちゃん、4年生がTicoちゃん※いずれも仮名)と2対1になるケースが増えてきます。正直、上からのパスはカットできるので、ボールを弾いて中へパスし、すぐに、左サイドをカウンター。

ところが、Rabiちゃんの戻りがめちゃくちゃ速い!!ΣΣ(゚д´;;ノ)ノ
っていうか、Shinがドリブル(一応左手)が遅いのか?!・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )

しかも、ゴール下でTicoちゃんが上手にスペースを閉じているので、いわゆるセオリー通りのレイアップシュートを打つスペースが無い!?
でも、ここで止めたら大人がすたる!!
ドタドタッ!!と、軽やかとは程遠い自称ユーロステップを踏んで、Rabiちゃんを交わし、Ticoちゃんを半身で受けつつ右手のリバースショット!!

ガンッ!!

しもた、外れた!!(ノTДT)ノ

リバウンドがタップされて、エンドラインを割りそうになった時、RabiちゃんとTicoちゃんがほぼ同時にボールに向かってダイブしてTicoちゃんがボールを空中でコート内へ投げ返す!!
っていうか、マジでスゲェ!!
スラムダンクの漫画じゃ無い!!

その瞬間、Shinの脳裏を、あの、トラウマが横切りました…

「んなことはない!! 今日こそ、絶対、シュートを決める!!」

子供達の一途さ、一生懸命さ、そして、何よりも大きなバスケ愛…自分だって、絶対持ってるんだ!!!
なんか、何かが吹っ切れた音が聞こえたんだよ…

とにかく、その投げ入れられたルーズボールを味方のパパさんが手にしたのを見届けると、有無を言わさず、得意な右45度へ走り込む。
「ここ(右45度)しか無い! パスパスパスッ!!」
しかし、無情にもペイントエリア内で背の高い大人がよってたかってシュートを打っては外し、リバウンドを取っては打って外しを繰り返す罠…
そして、何回か、ボールがリングに蹴られた後、大声でボールを呼ぶ自分にようやくパスアウト!!

「っしゃ!! 来た!!!」
ディフェンスが何人か飛ぶのも気にせず、ジャンプショット!!

ガンッ!!

「また、外れた!!」YDKノハズ (´;ω;`)
ところが、そのボールが見事に自分の方に跳ね返って来た!!

「っしゃ!! 今度こそ!!」
誰も目の前に居ないスペースがあるのを確認し、無意識にワンドリブルして移動してから、今度こそ!のジャンプショット!!

ザシュッ!!

「入った!!」YDK!(*゚▽゚*).

3度目の正直ってヤツです(*゜∀゜)モッフー<テカ、マジヨカッタ…

30年程前…

あの、人生で現役時代最初で最後のゲームのシュートチャンスで、練習通りのアシストパスを決めた、あのショッパイ思い出を、自分自身の手で払いのける事ができるとは…
マジで、バスケット第二の人生最大のサプライズです
バスケの神様は本当にいたんだね…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

その後、4試合出場機会がありました。
シュートは数回打ちましたが、決まりませんでした(*゚∀゚)ゞデシ!!
っていうか、1回決めた後、自分は1番に徹する事ができたので、それはそれで良しとします。

午前中の親子バスケは、個人的に大満足な感じで無事に終える事ができました(*・∀・)=b GJ

でもね、サプライズはこれだけでは終わらなかったんだよ…( ̄ー☆キラリーンとつづく…


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM